『流行り神3 警視庁怪異事件ファイル』追加シナリオ 薫編
◆『流行り神3 警視庁怪異事件ファイル』追加シナリオ 薫編 無料配信中!!

『流行り神3』で新たに登場した「羽黒薫」―――
彼にまつわるサブシナリオが8月28日よりPlayStation®Storeにて、無料配信を開始しました!

シリーズをプレイしているユーザーにはお気付きの方もいるだろう。
「羽黒薫」という名前にはどこか聞き覚えがある。
同じ名前の女性が居たはずだと。

飄々とした人柄で口数は多いが、己のことは決して語ろうとしない羽黒薫。
編纂室の面々が「赤いちゃんちゃんこ事件」に奔走しているその裏で、彼は別の事件の捜査に乗り出していた。

風見達が捜査を行う学園からほど近い公園。
そこで泣きじゃくる少女に偶然声をかけたところから、羽黒薫は別の事件に巻き込まれることとなる。

これは羽黒薫の視点で描かれる、「羽黒薫」の物語。
血塗れの公衆トイレ。消えた被害者。そして、少女の口から漏れた「トイレの花子さん」という言葉――
「赤いちゃんちゃんこ事件」と同一の時間軸で進行する、もう一つの事件がここに始まる。

果たして、被害者は誰なのか?
花子さんは実在するのか?
そして「羽黒薫」とは一体、何者なのか?

【追加シナリオ 羽黒薫編 あらすじ】
『赤いちゃんちゃんこ』事件が発生している小学校に程近い公園――
捜査の合間に公園に足を運んだ羽黒は、おびえた様子の少女に出会う。
『公衆トイレの中に女性が血を流して倒れている』という少女の言葉に、
羽黒がトイレを調べてみると、人影は無く多量の血痕だけが残されていた。
誰のものともわからない血液、トイレの個室のドアに書かれた「花子さんのトイレ」という言葉、
そして、『赤いちゃんちゃんこ事件』との奇妙な符号――
羽黒は持ち前の好奇心から、1人でこの事件の調査を開始する。

※追加シナリオをプレイするには、『流行り神3』の本編ディスクが必要です。
ダウンロードしていただくと、シナリオ選択画面の選択可能なシナリオに『薫編』が追加されます。
本編シナリオの進行具合には特に縛られないため、本編のプロローグに当たる“序章”を見て
いただけば、すぐに『薫編』をプレイ可能です。
●詳しくはこちら→PlayStation®Storeへアクセス!
※画面は開発中のものです。

© 2009 NIPPON ICHI SOFTWARE INC.