【年齢認証】
このWebサイトの閲覧は、
ご購入が可能な18歳以上の方に限定しております。
あなたは18歳以上ですか?

このWebサイトには、演出上、
動画や音などの恐怖演出が含まれています。

©2021 Nippon Ichi Software, Inc.

都市伝説――
それは何十万、何百万もの人々を巻き込みながら、
延々と続く伝言ゲームのようなもの。

友達の友達。
知り合いの知り合い。
得体の知れない人間から伝え聞いたという不気味な体験談。

それは多くの場合、単なる作り話に過ぎないが……。

“真 流行り神”シリーズは、
そうした“都市伝説”のような怪事件が
現実に起こってしまったことから始まる。

『真 流行り神3』では、
“恐怖演出”をさらに強化。

従来のようなカットインや一枚絵での演出に加えて、
一枚絵が動くようになり、
怪異がそこに“いる”かのような
鮮明な恐怖が感じられるように。

  • 壁と家具の隙間などに身体がペラペラの女が入り込んで、じっとこちらを見つめている……というもの。
    比較的メジャーな都市伝説で、似たような噂は江戸時代からあったとされている。

    あらすじを読む

    第一話「隙間女」
    あるマンションで起きた”美人OL密室殺人事件”。
    隙間という隙間がガムテープでふさがれ、内側から密閉された自室で、被害者は殺害されていた。
    被害者はどのようにして殺されたのか?
    捜査していくうち、あらゆる隙間に入り込む”隙間女”が容疑者として浮上する。

    捜査情報①
    被害者の死因は、失血や心筋梗塞などが原因で血圧が下がり、心肺が停止する“ショック死”。
    また、前日までは黒かったという体毛がすべて白くなっており、遺体の腸内には大量の毛髪が入り込んでいた。

    捜査情報②
    “美人OL密室殺人事件”の捜査をはじめた紗希は、同時期から、どんな狭い隙間にも現れる“隙間女”のような存在につきまとわれるようになる。
    どうやら彼女は、紗希のなにかが気に入らず、付け狙うようになったようだが……?

  • 人形は、多くの人が触れたことがある一般的な玩具。
    そのため人形にまつわる都市伝説は数多く、
    「メリーさん」に代表される有名な怪談から、ダジャレのようなものまで存在している。

    あらすじを読む

    第二話「悪魔の人形」
    ある日、 “とくそう”のもとにG県警の鑑識官である“金城 沙織” が訪れて、とある“変死事件”について相談をもちかける。
    単なる変死事件の話にも関わらず、緊張した様子の金城を問いつめると、変死体と西洋人形が写った現場写真を取り出し、怯えた声で言った。
    「現場には、西洋人形なんて――無かったんです」

    捜査情報①
    被害者“笹川 優衣”の死因は窒息死、中でも手で首を絞める“扼死”だった。しかし、遺体の首に残っている手の痕は、乳幼児ほどの大きさしかない。
    また、被害者を撮影した現場写真には、現場になかったはずの人形が写っていた。

    捜査情報②
    相談者であり、同事件で鑑識官として出動していた“金城 沙織”は、事件について何かを隠しているような素振りを見せる。
    さらに金城とともに事件を追っていくうち、怪現象らしきものが金城を狙うように……。

  • ある一人暮らしの老人が追い炊きをしながらの入浴中、不運にも命を落としてしまった。
    後日、その遺体を発見した友人が老人の遺体に触れると、ほろりと崩れて湯舟がシチューのようになってしまった……。

  • 「両面宿儺」には、民話としての側面と、都市伝説としての側面がある。
    都市伝説の「両面宿儺」は、古寺の解体時に発見された二面多肢のミイラで、関係者が次々に原因不明の病や不慮の事故に見舞われていくというもの。

  • 『真 流行り神3』では、前作と同じく捜査の方針によって
    各話後半の展開が科学ルート/オカルトルートの2つに分岐する。
    ――事件を起こしたのは人間か? それとも人知を超えた怪異なのか?
    どちらの捜査スタンスをとっても、事件解決へのアプローチは可能。

    しかし、事件の真相に迫るためには、
    科学とオカルト、両方の視点から事件を見ることが必要となる。

  • 実際の捜査シーンでは、主人公「北條 紗希」の視点で
    相棒「愛染 刹那」とともに捜査にあたり、事件解明に必要な情報を集めていく。

    さらに今作では、新たに「纐纈 将臣」「新美 心太朗」のコンビが仲間に加わったことで、
    選ばなかった選択肢について情報が得られるようになった。

    選んだ選択肢は紗希と刹那が調査

    選ばなかった選択肢は纐纈と新美が捜査

  • 物語の要所では、自問自答をしてそれまでの出来事や
    事実関係を整理していく「セルフクエスチョン」が発生。
    セルフクエスチョンの結果は、物語の重要な分岐点となる場合もあります。

  • 勇気が求められる場面や、重要な決断を下す時には「カリッジポイント」が必要となる。
    ポイントがなくなると重要な時に決断できなくなるが、出し惜しみをするとかえって追い詰められることも。
    計画的に行動する必要がある。

  • 怪事件の関係者は、誰もが皆ありのままの真実を語るわけではない。
    事実を黙秘したり、嘘をついたりする者から真実を引き出すには、
    紗希の得意分野である心理学を活用した心理テクニック「ライアーズアート」を駆使し、
    嘘を操って揺さぶりをかけることが必要な場面もある。
    制限時間内に的確な言葉を投げかけることで、相手を揺さぶり、本音を暴く

    相手の感情の変化は、「ライアーズメーター」で表示される。「ライアーズアート」で動揺を誘う選択をすることでメーターは上昇し、本音を引き出しやすくなる。
    メーターが低い状態で「ライアーズアート」が終了すると、状況が悪化してしまうが、
    メーターが高い状態のまま「ライアーズアート」が終了できれば、
    その後の展開で真相に近づきやすくなる。

  • 推理ロジックは、キーワードをあてはめていくことで、
    関係者の相関図を作成する機能。
    キーワードは、捜査を進めていくことで獲得することができ、
    相関図が正確であるほど、事件の真相により深く迫ることができる。

  • ゲームを進めていくと、各話本編のサブストーリー「隙間録」が開放されることがある。
    「隙間録」は、主人公である紗希以外の視点で語られ、
    ――あの時、あの人は何をしていたのか?
    ――あの行動にはどんな思惑があったのか?
    そんな、紗希の視点からは見えない真実が見えてくることもある。

  • ストーリー中に登場する一部の専門用語は、自動的に「F.O.A.F.データベース」へ登録される。
    ストーリーには、多くの警察用語や都市伝説、神話・民話や凶悪事件などにまつわる知識が登場
    するため、事件の解明に役立つだけでなく、読み応えも十分なデータベースとなっている。

タイトル真 流行り神3
ジャンルホラーアドベンチャー
対応機種PlayStation®4
Nintendo Switch™
価格通常版
パッケージ/DL版
6,980円(税込7,678円)
発売日2021年7月29日(木)
CERO